カリキュラム・学術研修

令和5年度事業計画

【1】学術研修計画

(1)入門部研修計画                   入門部担当 谷内孝暢

令和5年度は入門部1年目になります。1年目は「臓象論」を中心に、五臓六腑の生理と病理、病症と治療法を学んでいきます。また「漢方医学の基本思想」「治療の実際」を学んでいきます。2年目では「脈診」「診察法」「病因論」「選穴法」を学び、より実践的な臨床を身につけていきます。実技では接触鍼の補瀉法、脈診法を深め、小里式による実技を行い、それぞれご自身のイメージした治療法を身につけて行きます。

(2)研究部研修計画                   研究部担当 福島志乃

研究部の今年度のテーマは「季節の中での漢方はり治療」「接触鍼の補瀉法」「奇経」「下腿の鍼」になります。「季節の中での漢方はり治療」は、ここ数年にわたり新版テキストの作成にともない研修会内で多くの話し合いの場を得たことにより会員の理解も進み、実技研修や各自臨床の中で実践的に行う会員が増えてきました。午後の実技研修でも五季・六気の観点から病理を考える事で選経選穴の幅が広がったことと思います。今年度も1年を通し、より深い理解を目指します。

また、すでに定着した午前中の気功法や実技研修での刺鍼練習を充実させ、「接触鍼の補寫法」を心構えや姿勢造りの点からも一層洗練させていきます。「奇経」は取穴実技や発表の時間を数回もうけ、標治法としての意識を高めていきます。「下腿の鍼」は新版テキストに新しく加えられた項目です。標治法として、従来のナソ・ムノの治療に加え、下腿の鍼も重要視し身体各部の治療をおこなっていきます。さらに病症にもフォーカスし、子午治療や奇経治療を行うことで、本治法と標治法の治療に大切な両輪を揃えて勉強していきます。午後の実技の時間では、各自臨床での手技をもとに議論していただければと思います。

『新版漢方鍼医基礎講座第3版』が発行される今年度は、テキストの記述をもとに「気と意識」をテーマに会場全体を含めた意見交換会を6月に行い、基礎概念を軸として臨床に則したわかりやすいイメージを共有する事で会員の理解向上に努めます。

10月の外来講師は日本内経医学会の左合雅美先生をお招きする予定です。『黄帝内経』を日々研究されておられ、古典研究に関連する書籍も著されている先生ですので、これからの漢方鍼医会の考え方の中心である『霊枢』に関してより深い学術的な講演が期待されます。大変勉強になる機会を得られることと思います。

研究部の今年度のテーマは「季節の中での漢方鍼治療」「接触鍼の補瀉法」「奇経」「下腿の鍼」になります。

「季節の中での漢方鍼治療」は、ここ数年にわたり新版テキストの作成にともない研修会内で多くの話し合いの場を得たことにより会員の理解も進み、実技研修や各自臨床の中で実践的に行う会員が増えてきました。午後の実技研修でも五季・六気の観点から病理を考える事で選経選穴の幅が広がったことと思います。今年度も1年を通し、より深い理解を目指します。

また、すでに定着した午前中の気功法や実技研修での刺鍼練習を充実させ、「接触鍼の補寫法」を心構えや姿勢造りの点からも一層洗練させていきます。

「奇経」は取穴実技や発表の時間を数回もうけ、標治法としての意識を高めていきます。

「下腿の鍼」は新版テキストに新しく加えられた項目です。標治法として、従来のナソ・ムノの治療に加え、下腿の鍼も重要視し身体各部の治療をおこなっていきます。さらに病症にもフォーカスし、子午治療や奇経治療を行うことで、本治法と標治法の治療に大切な両輪を揃えて勉強していきます。午後の実技の時間では、各自臨床での手技をもとに議論していただければと思います。

『新版漢方鍼医基礎講座第3版』が発行される今年度は、テキストの記述をもとに「気と意識」をテーマに会場全体を含めた意見交換会を6月に行い、基礎概念を軸として臨床に則したわかりやすいイメージを共有する事で会員の理解向上に努めます。

10月の外来講師は日本内経医学会の左合雅美先生をお招きする予定です。『黄帝内経』を日々研究されておられ、古典研究に関連する書籍も著されている先生ですので、これからの漢方鍼医会の考え方の中心である『霊枢』に関してより深い学術的な講演が期待されます。大変勉強になる機会を得られることと思います。

 

2023年度 年間カリキュラム

(1)入門部

4月 

10時〜    第30回漢方鍼医会 定期総会
10時30分〜 会長講演   漢方鍼医会会長 新井敏弘

5月       

午前:「漢方医学の基本思想」 講師:隅田真徳 司会:平井貴大
午後: 実技

6月  

午前:「意見交換会」 
午後: 実技

7月 

午前:「治療の実際」 講師:隅田真徳 司会:新井敏弘
午後: 実技

8月

休み

9月

午前:「肝の生理・病理」 講師 巻田明宏 司会 谷内孝暢
午後: 実技

10月

午前: 実技
午後:外来講師公演

  「未定」

11月

午前:「脾の生理・病理」 講師 平井貴大 司会 水戸尚子
午後: 実技  

12月

午前:「腎の生理・病理」 講師 水戸尚子  司会 巻田明宏
午後: 実技  

2月

午前:「心・心包の生理・病理」 講師 谷内孝暢 司会 平井貴大
午後: 実技

3月

午前:「肺の生理・病理 臓と臓の関係など」 講師 橋上信也 司会 谷内孝暢
午後: 実技

 

(2)研究部

4月 

10時〜    第30回漢方鍼医会 定期総会
10時30分〜 会長講演   漢方鍼医会会長 新井敏弘

5月

午前:「季節の治療」 講師 浅井利浩 司会:加来ひなこ
   「漢方医学の基本概念(合同)」 講師 隅田真徳 司会:平井貴大

午後:実技

6月  

午前:「意見交換会(合同)」

午後:実技 

7月  

午前:「治療の実際(合同)」  講師 隅田真徳 司会:新井敏弘

午後:実技

8月

休み

9月

午前:「奇経1」 講師 新井芙美法 司会:橋上信也

午後: 実技

10月

午前: 実技

午後:外来講師公演

  「未定」

11月

午前:「外来講演振り返り」 講師 青島崇裕  司会 田村佳津子

午後: 実技

12月

午前:「演題未定」 講師 新井康弘  司会 吉田陵
午後: 実技 

2月

午前:「奇経2」 講師 新井芙美法  司会 関野玲子

午後:実技

3月

午前:「開業の準備」 講師 井上美枝  司会 細沼弘

午後:実技

 

入会・聴講案内

 

 入会・聴講案内           

漢方はり治療

  1. 研修会

    7月本部研修会案内
  2. 研修会

    9月本部研修会案内
  3. 研修会

    7月本部研修会案内
  4. ブログ

    夏期学術研修会・東京大会 ご報告
  5. 研修会

    11月本部研修会案内
PAGE TOP